株式会社ユートピアのマネーセミナーや勉強会の口コミ評判や実態を紹介します。

セミナーではフィンテックを大きなテーマに掲げ仮想通貨などについて学べます。

フィンテックとは「ファイナンス(金融)」と「テクノロジー(工学)」を掛け合わせた造語です。

セミナーでは身近なフィンテックを挙げてイメージしやすく話してくれました。

(電車に乗る際のICカードの例など)

仮想通貨が誕生してから現在までの経緯や暗号通貨の概念など多くの人が知っているようで知らないものをきちんと定義づけて教えてくれますので個人的には良いセミナーだと思いました。

新しいもの好きな人は楽しいと感じるのではないでしょうか?

正直、会社の名前やセミナーの案内を見ると相当胡散臭いと感じましたがフィンテックの可能性を上手にプレゼンされていました。

今後はフィンテックの可能性は無視できないので個人的にも情報収集をしていましたが参考になりました。

セミナーの流れから仮想通貨の取引講座の開設を推奨している様です。

わたしは仮想通貨で取引をするつもりもありません。

また初心者にも推奨できません。

というのも仮想通貨には基準価額がないので迂闊に興味本位で投機すると痛い目に逢いかねません。

そして暴騰や暴落を繰り返すので仮想通貨取引に陶酔してしまうのも危険です。

(遊びならばとても楽しいとは思いますが、真摯に取引に向き合いたいのでわたしは着手はしない判断をしました)

今後のテクノロジーの情報収集としては面白いセミナーだと思います。

 

投資やマネー系のセミナーや勉強会に参加するにあたっての注意事項を記載しておきます。

◆上から目線の物言いの講師もたまにいます。

これは注意というよりも個人的に受け付けないので参考までに。

本当に実力がある人は自分が上に立たなくても、人を納得させることが出来ます。

上から目線に立とうとしている人は潜在的に『自分のレベルが低いので物言いで上に立たなければ』と考えています。

この発想を抱く時点でセミナーの質が半分以下になると私は感じます。

皆さんはいかがお考えでしょうか。

 

◆評判がよくない

近年はwebサイトでセミナーの評判を目にすることが出来ます。

まず、悪徳業者やセールスが強い業者は評判が良いことはありません。

『強引な話の持っていきかた』、『上から目線』、『嫌と言えない環境』、『しつこさ』などが好評価を得られるはずがありません。

ただ、極一部の人が悪いor良い評価をしていても一概に悪徳業者とは言い切れません。

大切なのは全体的な傾向としてどういう評価を付けられているのか、という点です。

半分以上が悪い評価であれば悪徳かセールスがきつい会社だと考えてもいいかもしれません。

 

◆講師の話している内容が『机上の空論ではないか?』と注意しながら聴いてみるのも良いと思います。

講師が実際に投資や運用をしていない方であれば話が不思議と入ってきません。

ご自身で投資や運用をしている方の話は実践的で実のあるセミナーになることでしょう。

実践されている方の話は体系化されて分かりやすいものになると思います。

また、個人的な見解を話してくれる講師の話は温度感があって非常に面白いです。

質疑の際に聴いてみるのも良いでしょう。

 

どんな会社でも主催側にとってセミナーとはあくまで『自社や商品を知ってもらうための宣伝の場』です。

しかし宣伝を通り越して『強引なセールスの場』と勘違いしている会社もあります。

強引な会社や悪徳な会社は長続きしませんが、自分がそういう会社の餌食にはなりたくはないものです。

他記事でも注意点を幾つか挙げているので優良な会社かどうかを判断するのに参考にしてみて下さい。