トレイダーズ証券のセミナーや勉強会の口コミ実態を紹介します。

トレイダーズ証券はFX、バイナリーオプション、自動売買のシステムトレード、オプション取引が有名です。

「みんなのFX」というHPを作成してスクールやセミナーを企画しています。

企画では「金(マネ)力」を鍛えるための「初心者コース」、「プライベートコース」、「スキルアップコース」、「リピートコース」などとアニメーションを駆使しながら柔軟な発送で企画をしています。

「スキルアップコース」と「リピートコース」はオンラインでセミナーを聴くことが出来ます。

私は「スキルアップコース」を受講しました。

講師は月に100万円稼ぐ主婦トレーダーが独自のトレード手法を教えてくれました。

FXの基礎を学んで実際の取引に興味がある人は聴いてみると面白いと思います。

ですが実際の取引をする際には大損をする可能性もありますので余裕資金で始めましょう。

CFD取引(差金決済取引)を学ぶにはFXはとても身近に感じると思います。

ただ長期で確実に資産運用をしたいという人は投機と投資の違いをしっかりと理解しておきましょう。

 

投資やマネー系のセミナーや勉強会に参加するにあたっての注意事項を記載しておきます。

◆上から目線の物言いの講師もたまにいます。

これは注意というよりも個人的に受け付けないので参考までに。

本当に実力がある人は自分が上に立たなくても、人を納得させることが出来ます。

上から目線に立とうとしている人は潜在的に『自分のレベルが低いので物言いで上に立たなければ』と考えています。

この発想を抱く時点でセミナーの質が半分以下になると私は感じます。

皆さんはいかがお考えでしょうか。

 

◆何を言っても『自社の取扱商品は素晴らしい』と着地するのは気になる点だと思います。

アムウェイ会員の方によく見受けれますが『もういいよ』と言いたくなります。

自社の商品に自信があるのは良いことだと思いますが、行き過ぎるとデミリットや注意事項などのアラが見えなくなります。

分かっていても『この金融商品は素晴らしいから大丈夫』という力技で説き伏せる方もいます。

どちらにしても提案される側にとって嬉しいものではありません。

必要以上に『自分の取り扱っている金融商品は良いから』、と聞こえたら注意が必要です。

 

◆聴いている人にとって『分からないであろう』というポイントを察知して知識提供してくれるセミナーは信用がおけます。

悪徳な業者だと相手が分からないのをいい事に『それくらい知っているよね』という空気を作り、『それならばやらないのは馬鹿だ』と言わんばかりに勢いで詰め寄ってきます。

要所を教えてくれるのは大切なポイントです。

 

どんな会社でも主催側にとってセミナーとはあくまで『自社や商品を知ってもらうための宣伝の場』です。

しかし宣伝を通り越して『強引なセールスの場』と勘違いしている会社もあります。

強引な会社や悪徳な会社は長続きしませんが、自分がそういう会社の餌食にはなりたくはないものです。

他記事でも注意点を幾つか挙げているので優良な会社かどうかを判断するのに参考にしてみて下さい。