名古屋市にある東海投資助言サービスのマネーセミナーや勉強会の口コミ評判や実態を紹介します。

東海投資助言サービスは投資家の個々人のレベルや資産額や時間的余裕に応じてオーダーメイドの資産運用スタイルを提唱しています。

とは言うものの実質は個人投資家育成の株式投資スクールという方がしっくりきます。

セミナーではFXや株式投資など様々な投資手法の特徴やポイントを列挙してくれました。

株式投資のさや取り手法を使って毎年30%の利回りでの資産運用が出来る、として株式投資のスクールみたいな内容でした。

帰り際には株式投資の5原則としてPDFの資料を配布してくれました。

内容は面白くレンジさや取りという手法を推奨していました。

独学でトレーダーをしているのであればセミナー代を払って話を聞いてみたほうが近道な気がしました。

ただ保証金取引で損失を出した際は自己責任なので注意しましょう。

資産運用に望む際には短期売買の投機と投資の違いをしっかりと理解しておきましょう。

トレードは基本的には投資ではなく自営業に近いものです。

 

投資やマネー系のセミナーや勉強会に参加するにあたっての注意事項を記載しておきます。

◆聴いている人にとって『分からないであろう』というポイントを察知して知識提供してくれるセミナーは信用がおけます。

悪徳な業者だと相手が分からないのをいい事に『それくらい知っているよね』という空気を作り、『それならばやらないのは馬鹿だ』と言わんばかりに勢いで詰め寄ってきます。

要所を教えてくれるのは大切なポイントです。

 

◆個別ではなくオープンで質疑応答をしてくれるかもポイントです。

個別の質疑応答や相談は半ば商談に近いものがあります。

オープンで質疑応答をしてくれるということは参加者に『もっと知識を得て欲しい』ということの表れです。

一人の質疑応答で情報をシェア出来るので知識を得るには非常に効率が良いです。

何より参加者側にとっても安心が出来ます。

 

◆必要以上に不安を煽る様な雰囲気を出す講師は注意しましょう。

『この商品がないと不幸になる』くらいまでおどろおどろしい言い方をするのは聞いていて気持ちが良いものではありません。

恐怖を植え付ける営業手法で洗脳に近いものがあります。

『必要以上に不安を煽っているな』と感じたら一度我に返って冷静な判断をしましょう。

本当のプロは必要以上の恐怖を煽りません。

逆に丁寧に現状をヒヤリングして具体的な手法を導き出して安心を与えてくれます。

 

どんな会社でも主催側にとってセミナーとはあくまで『自社や商品を知ってもらうための宣伝の場』です。

しかし宣伝を通り越して『強引なセールスの場』と勘違いしている会社もあります。

強引な会社や悪徳な会社は長続きしませんが、自分がそういう会社の餌食にはなりたくはないものです。

他記事でも注意点を幾つか挙げているので優良な会社かどうかを判断するのに参考にしてみて下さい。