東海東京証券の勉強会やセミナーの口コミ実態を紹介します。

仙台、埼玉、千葉、新潟、山梨、岐阜、三重、静岡、愛知県各地、名古屋、京都、大阪、岡山、香川、愛媛、高知、福岡と東海東京証券は全国に店舗があります。

本社が名古屋で愛知県の各店舗でセミナーがあります。

内容としては

『ラップ口座と長期投資』

『相場環境の読み解き方』

『株式運用について』などが多い傾向にあります。

わたしは『ビューティーワールドオープン』についての内容でセミナー参加しました。

そこでは美を追求した製品やサービスを提供する企業にフォーカスして銘柄紹介をしていました。

自分には興味のない分野だったので知見が増えました。

ただまだ分かりきっていない部分が多いので実際に投資するには至っていません。

セミナー後にはセールスや営業が待っているので注意しましょう。

そして投機と投資が違うことは事前にしっかりと理解をしておきましょう。

投機はほぼギャンブルです。

資産運用するのであれば投資をしなければいけません。

投機は余裕資金で行いましょう。

証拠金取引でレバレッジをかけると損失を出した時に追証になるので注意して下さい。

 

投資やマネー系のセミナーや勉強会に参加するにあたっての注意事項を記載しておきます。

◆現在の状況を全て肯定的に捉えて『良いです』、『今がタイミングです』と言うメッセージが多いとセールス色が若干強い感じがするのは私だけでしょうか。

連呼されたら少し注意が必要だと個人的には思います。

 

◆セミナーを開く目的はただ一つです。

『商品やサービスを売るため』です。

セミナーは商品を売るためのセールストークの一部です。

某有名金融機関ではセミナーの休憩時間や帰りに営業マンがセールス目的に声をかけてきます。

ご自身が関心があって『やってみようかな』と思われているのであれば良いとは思いますが、そうでもないのにガツガツとセールスをかけられるとやはり気持ちが良いものではありません。

帰り支度が遅かったりモジモジした様子を見せていると真っ先に『どうですか』と声をかけられるので注意しましょう。

聞きたいことは質問し、そうでもないのであればサッと帰る。

毅然とした態度で主導権を握られないようにしましょう。

 

◆講師の顔つきや雰囲気を見ることもとても大切です。

自分のことしか考えず『売りつけよう』とする人は顔が強ばっていたり強烈な印象です。

雰囲気も強引な感じがする人は関わらないようにしましょう。

不潔感を感じる人はマナーが出来ていないので金融の場では論外です。

真っ当な金融のプロであれば雰囲気は柔和で誠実な印象です。

受け答えをしていても数字を交えて具体的な話しをしてくれますので安心感があります。

分からないことは分からないと正直に言ってくれます。

というのも個々の状況や年齢や資産額、目標運用額が違いますので『分からない』というのは当然です。

話すよりも聞く割合が多く真剣に話を聞いてくれます。

勢いだけの人や顔が強ばっている人は注意が必要です。

そういう方は『分からない』と言えません。

ゴリゴリとセールスをかけてきます。

 

どんな会社でも主催側にとってセミナーとはあくまで『自社や商品を知ってもらうための宣伝の場』です。

しかし宣伝を通り越して『強引なセールスの場』と勘違いしている会社もあります。

強引な会社や悪徳な会社は長続きしませんが、自分がそういう会社の餌食にはなりたくはないものです。

他記事でも注意点を幾つか挙げているので優良な会社かどうかを判断するのに参考にしてみて下さい。