さわかみ投信のセミナーや勉強会の評判と実態を紹介します。

さわかみ投信は独立系金融機関でさわかみファンドが有名です。

ここの経営者は日本の大投資家の故竹田和平さんと親交のあった人です。

さわかみファンドは短期売買の思考の人には不向きのものでバイ&ホールドのポリシーから長期運用しています。

国内の割安銘柄に投資をして日本企業を応援している理念を持っています。

実際にTOPIXよりも若干上回った運用が出来ています。

投資に加えて社会貢献の意識がある投資商品です。

個人的にはこの会社のスタンスは好きで私も口座を作って出資をしています。

話が逸れましたがセミナーでは『長期投資』、『人生とお金の話』、『資産運用の基礎』など各テーマに分かれています。

今までトレードなど投機的な商品や情報に触れていた人からすると新鮮かもしれません。

しっかりと投資的な考えや長期の視点にたって資産運用を考えているところは少ないので一度セミナー参加してみるのも悪くはないかもしれません。

好みがはっきりと分かれるかと思います。

柔和な人が多い印象です。

 

投資やマネー系のセミナーや勉強会に参加するにあたっての注意事項を記載しておきます。

◆個別ではなくオープンで質疑応答をしてくれるかもポイントです。

個別の質疑応答や相談は半ば商談に近いものがあります。

オープンで質疑応答をしてくれるということは参加者に『もっと知識を得て欲しい』ということの表れです。

一人の質疑応答で情報をシェア出来るので知識を得るには非常に効率が良いです。

何より参加者側にとっても安心が出来ます。

 

◆営業気が少なく個別相談も紳士的にこなしてくれるか、という点は大切です。

真っ当な姿勢の会社はどの社員も品格が感じられます。

大手は名前が知られているので変な行動をすることは少ない気がします。

(証券会社は別ですが…)

 

◆聴いている人にとって『分からないであろう』というポイントを察知して知識提供してくれるセミナーは信用がおけます。

悪徳な業者だと相手が分からないのをいい事に『それくらい知っているよね』という空気を作り、『それならばやらないのは馬鹿だ』と言わんばかりに勢いで詰め寄ってきます。

要所を教えてくれるのは大切なポイントです。

 

どんな会社でも主催側にとってセミナーとはあくまで『自社や商品を知ってもらうための宣伝の場』です。

しかし宣伝を通り越して『強引なセールスの場』と勘違いしている会社もあります。

強引な会社や悪徳な会社は長続きしませんが、自分がそういう会社の餌食にはなりたくはないものです。

他記事でも注意点を幾つか挙げているので優良な会社かどうかを判断するのに参考にしてみて下さい。