詐欺に騙されて洗脳された人の口癖を紹介します。

投資詐欺では100万円の出資に対して月利〇%という配当が常套手段となっています。

お金目当てで出資をしたのであれば配当が滞れば即座に『騙された』と気づくはずです。

しかし世の中には配当が滞ったにも関わらず、まだ業者を信じてお金を追加出資しようとする重症状態の人たちがいます。

重症状態の人かどうかを判断するフレーズがあります。

『実際にやっている人じゃないと分からない。』です。

この一言が出たら洗脳状態であると思っても良いでしょう。

 

詐欺業者は血も涙もありません。

むしり取れるところからは徹底的にむしり取ります。

完全な洗脳状態になってしまった人を救う手段は私では分かりませんが、家族や恋人など身近な人の必死の説得以外に活路はないと思います。

 

投資やマネー系のセミナーや勉強会に参加するにあたっての注意事項を記載しておきます。

詐欺セミナーに騙されないための注意事項も兼ねていますので参考にして下さい。

◆業界では当たり前に知られていることだとしても、自分にとって知らない新たな情報だった場合は知的好奇心も満たされて楽しいものです。

しかしここも注意が必要です。

『情報を与えている』人はすごい、という錯覚を持ち過ぎないようにしましょう。

どんどんと自分を下げて相手を上げる関係性を作ってはいけません。

情報を与えることをきっかけにして優位に立とうとする講師もいます。

上下の関係性になってしまうと商品やサービスが本当に良いものなのか判断が鈍ります。

 

◆初心者の方は『いかにも初心者』という雰囲気を出さないようにしましょう。

質問をしたくても『質問をしても大丈夫な講師か』を見抜きましょう。

相手側にとって『この人ならセールスをかけることが出来そう』と思われます。

相談しても大丈夫な業者、講師なのかは

・粗暴さを感じない

・誠実

・気配りや配慮をしてくれる大人の雰囲気がある人

は個人的には目安になるかなと感じるポイントです。

 

◆聴いている人にとって『分からないであろう』というポイントを察知して知識提供してくれるセミナーは信用がおけます。

悪徳な業者だと相手が分からないのをいい事に『それくらい知っているよね』という空気を作り、『それならばやらないのは馬鹿だ』と言わんばかりに勢いで詰め寄ってきます。

要所を教えてくれるのは大切なポイントです。

 

どんな会社でも主催側にとってセミナーとはあくまで『自社や商品を知ってもらうための宣伝の場』です。

しかし宣伝を通り越して『強引なセールスの場』と勘違いしている会社もあります。

強引な会社や悪徳な会社は長続きしませんが、自分がそういう会社の餌食にはなりたくはないものです。

他記事でも注意点を幾つか挙げているので優良な会社かどうかを判断するのに参考にしてみて下さい。