リアルエステートのマネーセミナーや勉強会の口コミ評判や実態を紹介します。

リアルエステートは大阪に本社を置き東京に支社があります。

セミナーは初心者向けに不動産投資の基本から話してくれるものや節税としてアパート経営を推奨するものが主流で定期的に開催されています。

私は不動産投資の基本から学べるものに参加しました。

話の着地点がワンルームマンション投資から始めましょうというものでした。

大阪の物件を推奨されましたが東京の物件じゃない理由が分かりませんでした。

 

公務員や医者や外資系企業勤務の人は特に営業に注意しましょう。

不動産投資業者にとっては「金払いが良いから」という理由で喉から手が出るほど欲しい属性となっています。

そして不動産投資のメリットやうまい話をして投資用物件を勧めてきます。

よく勧められるのは融資が通りやすい物件です。

融資が通りやすい物件とは担保価値が高く、規模の割に安く売られているRCマンションです。

立地としては地方で築浅の物件が勧められることが多い様子です。

もちろんその様な物件は絶対に購入してはいけません。

理由は簡単で空室率が高いからです。

地方だと30%くらいは当たり前でなかには40%を超える物件もあります。

投資効果は薄く赤字を垂れ流して持ち出しの費用が発生しトラブルになるケースが非常に多くなっています。

しかしよく「入居率99%など高い数字で宣伝しているところがありますが…」と問い合わせを頂くこともありますが実はそれにも裏事情があります。

物件紹介をする際には従業員を住ませるなど満室状態にして、それらしい理由を述べます。

そして実際に購入の際には徐々に退去していき採算が取れなくなっていきます。

家賃収入がローン返済額を下回り首が回らなくなったところで売却した際には物件価値は下がっています。

そうなると億単位の残債額が残り自己破産するというケースは非常に多いので注意しましょう。

営業マンのセールストークは練り込んで作られているので完璧なマニュアル化されています。

応答集もあるので何を言っても上手な切り返しをされて納得してしまうように作りこまれています。

面談をすると「買いたい」と思うように出来ています。

営業に上手く乗せられて安易に投資用物件を購入しないようにしましょう。

 

投資やマネー系のセミナーや勉強会に参加するにあたっての注意事項を記載しておきます。

◆セミナーの主催会社は一番後ろの席で皆さんの様子を見ています。

『誰が熱心に聴いているのか』、『誰ならば商品を購入しそうか』、『セールスしやすそうな人は誰か』という視点です。

オドオドとした態度は出さないようにしましょう。

ただの情報収集の勉強だとしても毅然とした態度でセミナーに臨むことが大切です。

 

◆初心者の方は『いかにも初心者』という雰囲気を出さないようにしましょう。

質問をしたくても『質問をしても大丈夫な講師か』を見抜きましょう。

相手側にとって『この人ならセールスをかけることが出来そう』と思われます。

相談しても大丈夫な業者、講師なのかは

・粗暴さを感じない

・誠実

・気配りや配慮をしてくれる大人の雰囲気がある人

は個人的には目安になるかなと感じるポイントです。

 

◆聴いている人にとって『分からないであろう』というポイントを察知して知識提供してくれるセミナーは信用がおけます。

悪徳な業者だと相手が分からないのをいい事に『それくらい知っているよね』という空気を作り、『それならばやらないのは馬鹿だ』と言わんばかりに勢いで詰め寄ってきます。

要所を教えてくれるのは大切なポイントです。

 

どんな会社でも主催側にとってセミナーとはあくまで『自社や商品を知ってもらうための宣伝の場』です。

しかし宣伝を通り越して『強引なセールスの場』と勘違いしている会社もあります。

強引な会社や悪徳な会社は長続きしませんが、自分がそういう会社の餌食にはなりたくはないものです。

他記事でも注意点を幾つか挙げているので優良な会社かどうかを判断するのに参考にしてみて下さい。