岡三証券の勉強会の口コミ実態を紹介します。

岡三証券は札幌、仙台、東京、千葉、埼玉、神奈川、横浜、静岡、愛知、名古屋、三重、京都、大阪、兵庫、神戸、広島、岡山、松山、福岡、熊本と全国規模で支店を展開しています。

セミナーは口座開設した投資家に向けて各店舗で行います。

内容は

『今後の相場展望』

『投資信託のおすすめ銘柄』

『株主優待セミナー』

『退職金運用』

『豪華客船の旅』などが多い傾向にあります。

どのセミナーも積極的な運用を勧誘するものです。

個人で売買をすることを目的とした株式投資はもはや投資ではなく投機です。

違いは口座開設をする前にしっかりと理解をしておきましょう。

本来投資は長期で保有をするものです。

投機はギャンブル性がかなり高く証拠金取引で大損失を出すと追証がかかって大変です。

投機は余裕資金の範囲内に止めておきましょう。

 

投資やマネー系のセミナーや勉強会に参加するにあたっての注意事項を記載しておきます。

◆業界では当たり前に知られていることだとしても、自分にとって知らない新たな情報だった場合は知的好奇心も満たされて楽しいものです。

しかしここも注意が必要です。

『情報を与えている』人はすごい、という錯覚を持ち過ぎないようにしましょう。

どんどんと自分を下げて相手を上げる関係性を作ってはいけません。

情報を与えることをきっかけにして優位に立とうとする講師もいます。

上下の関係性になってしまうと商品やサービスが本当に良いものなのか判断が鈍ります。

 

◆セミナーの主催会社は一番後ろの席で皆さんの様子を見ています。

『誰が熱心に聴いているのか』、『誰ならば商品を購入しそうか』、『セールスしやすそうな人は誰か』という視点です。

オドオドとした態度は出さないようにしましょう。

ただの情報収集の勉強だとしても毅然とした態度でセミナーに臨むことが大切です。

 

◆初心者の方は『いかにも初心者』という雰囲気を出さないようにしましょう。

質問をしたくても『質問をしても大丈夫な講師か』を見抜きましょう。

相手側にとって『この人ならセールスをかけることが出来そう』と思われます。

相談しても大丈夫な業者、講師なのかは

・粗暴さを感じない

・誠実

・気配りや配慮をしてくれる大人の雰囲気がある人

は個人的には目安になるかなと感じるポイントです。

 

どんな会社でも主催側にとってセミナーとはあくまで『自社や商品を知ってもらうための宣伝の場』です。

しかし宣伝を通り越して『強引なセールスの場』と勘違いしている会社もあります。

強引な会社や悪徳な会社は長続きしませんが、自分がそういう会社の餌食にはなりたくはないものです。

他記事でも注意点を幾つか挙げているので優良な会社かどうかを判断するのに参考にしてみて下さい。