マネックス証券のセミナーや勉強会の口コミ評判を紹介します。

マネックス証券は証券会社の中でも時代性を捉えており新進気鋭な印象です。

スマホでトレーディングアプリや保有資産や銘柄分析をするアプリや高機能ツールの開発もしています。

取扱商品は広く先物、外国株式(米、中)、債券、投資信託、株式、オプション、FXなど一通り網羅しています。

セミナーはオンデマンド形式で好きな時間にインターネットの環境があればいつでも見ることができます。

(スマホやタブレットの場合はアプリのインストールが必要です)

収録日が書いてあり情報が古いか新しいかも見ることが出来るので一安心です。

利便性が高いですが家の中でリラックスすると気が抜けてしまうのは否めません。

講師もバリエーション豊かで選ぶこともできます。

気軽に無料で勉強できるので個人的にはおすすめです。

会場での勧誘や営業などもないので良いと思います。

ただ投機と投資を混同しないようにする事は大切なポイントです。

短期売買をしても成功し続けることができる人はひと握りもいません。

投資とは長期スパンで着実に資産運用をしていくものです。

金融商品の販売目的のセミナーだとなかなか良い情報には出会えないので視野を広く持ちましょう。

 

投資やマネー系のセミナーや勉強会に参加するにあたっての注意事項を記載しておきます。

◆『せっかくのご縁ですから』、『ここだけの話ですが』と話の合間にサブリミナル効果の様に同じ言葉を差し込む傾向がないかも注意しましょう。

予備知識の前半部分から商品に関して語る後半で急にテンションが上がる雰囲気も怪しいものです。

 

◆評判がよくない

近年はwebサイトでセミナーの評判を目にすることが出来ます。

まず、悪徳業者やセールスが強い業者は評判が良いことはありません。

『強引な話の持っていきかた』、『上から目線』、『嫌と言えない環境』、『しつこさ』などが好評価を得られるはずがありません。

ただ、極一部の人が悪いor良い評価をしていても一概に悪徳業者とは言い切れません。

大切なのは全体的な傾向としてどういう評価を付けられているのか、という点です。

半分以上が悪い評価であれば悪徳かセールスがきつい会社だと考えてもいいかもしれません。

 

◆必要以上に不安を煽る様な雰囲気を出す講師は注意しましょう。

『この商品がないと不幸になる』くらいまでおどろおどろしい言い方をするのは聞いていて気持ちが良いものではありません。

恐怖を植え付ける営業手法で洗脳に近いものがあります。

『必要以上に不安を煽っているな』と感じたら一度我に返って冷静な判断をしましょう。

本当のプロは必要以上の恐怖を煽りません。

逆に丁寧に現状をヒヤリングして具体的な手法を導き出して安心を与えてくれます。

 

どんな会社でも主催側にとってセミナーとはあくまで『自社や商品を知ってもらうための宣伝の場』です。

しかし宣伝を通り越して『強引なセールスの場』と勘違いしている会社もあります。

強引な会社や悪徳な会社は長続きしませんが、自分がそういう会社の餌食にはなりたくはないものです。

他記事でも注意点を幾つか挙げているので優良な会社かどうかを判断するのに参考にしてみて下さい。