リンクスのマネーセミナーや勉強会の口コミ評判や実態を紹介します。

リンクスは大阪や東京に拠点があり不動産投資での収益物件を営業しています。

わたしが参加したセミナーは有料セミナーで「不動産投資での個人経営vs法人経営」という内容でした。

講師として登壇したのは会計事務所に働いている税理士さんでした。

法人化をした時のメリットやタイミングなどを話してくれました。

参加プレゼントとして大阪不動産投資の成功術という冊子を頂きました。

指標分析など公式なども書いてあり分かりやすくまとめられて参考になりました。

ただ個人的な意見ですが国内の不動産投資の市況としてはかなり厳しいと思っています。

世帯数が減少しているにも関わらず国内の不動産投資会社の多さにはいつも疑問に思います。

空室率も上昇している中で着手するにはかなり慎重にいかなければいけないと思います。

 

不動産投資のマネーセミナーでは外部の講師(FP、不動産投資コンサルタント、物件オーナー)が話す場合もあります。

自社で「この物件は良いから買って下さい」というのは信憑性が低いですが、外部の人が「マイナス金利の中でおすすめ」、「やっぱり色々あるけで不動産投資だ」と話すと信憑性が増して聞こえます。

というよりも信憑性が高いと思わせる様に巧妙に出来ているので注意しましょう。

もちろん売買契約となれば裏で販売コミッションのやり取りがあります。

それは投資用物件のみならず居住用物件でも同様です。

個人面談に行くと「物件が欲しくなる」様にトークがマニュアル化されています。

物件が欲しくなって「自分の年収で購入できるのか」と心配になっても業者はゴリゴリとセールスをかけてきます。

業者としては年収は低くてもローンを組ませて購入して欲しいのが実際のところです。

面談やFPやコンサルタントの様々な方法で年収を聞いて融資が通るように奮闘します。

銀行(主に地銀)もよほどでない限り高い利率(30年変動で3-4%)で融資を通してしまいます。

そして「貸してくれるし条件は全て整ってしまった」という状況になりつい購入してしまう様に一連の流れになっています。

営業マンからは「もう他の人に売れそう」、「こんな物件情報はもう入ってこない」、「〇千万円の物件価格で頭金は15万円でOK」などついつい買いたくなるきっかけトークの連絡が入ります。

それから流暢にマニュアル化された営業トークを聞いてしまうと購入してしまう様になっています。

不動産投資には十分に注意しましょう。

賃貸物件は供給過多です。

ババ物件を掴んでしまって痛い目にあっている人が増加しています。

 

投資やマネー系のセミナーや勉強会に参加するにあたっての注意事項を記載しておきます。

◆個別ではなくオープンで質疑応答をしてくれるかもポイントです。

個別の質疑応答や相談は半ば商談に近いものがあります。

オープンで質疑応答をしてくれるということは参加者に『もっと知識を得て欲しい』ということの表れです。

一人の質疑応答で情報をシェア出来るので知識を得るには非常に効率が良いです。

何より参加者側にとっても安心が出来ます。

 

◆必要以上に不安を煽る様な雰囲気を出す講師は注意しましょう。

『この商品がないと不幸になる』くらいまでおどろおどろしい言い方をするのは聞いていて気持ちが良いものではありません。

恐怖を植え付ける営業手法で洗脳に近いものがあります。

『必要以上に不安を煽っているな』と感じたら一度我に返って冷静な判断をしましょう。

本当のプロは必要以上の恐怖を煽りません。

逆に丁寧に現状をヒヤリングして具体的な手法を導き出して安心を与えてくれます。

 

◆何を言っても『自社の取扱商品は素晴らしい』と着地するのは気になる点だと思います。

アムウェイ会員の方によく見受けれますが『もういいよ』と言いたくなります。

自社の商品に自信があるのは良いことだと思いますが、行き過ぎるとデミリットや注意事項などのアラが見えなくなります。

分かっていても『この金融商品は素晴らしいから大丈夫』という力技で説き伏せる方もいます。

どちらにしても提案される側にとって嬉しいものではありません。

必要以上に『自分の取り扱っている金融商品は良いから』、と聞こえたら注意が必要です。

 

どんな会社でも主催側にとってセミナーとはあくまで『自社や商品を知ってもらうための宣伝の場』です。

しかし宣伝を通り越して『強引なセールスの場』と勘違いしている会社もあります。

強引な会社や悪徳な会社は長続きしませんが、自分がそういう会社の餌食にはなりたくはないものです。

他記事でも注意点を幾つか挙げているので優良な会社かどうかを判断するのに参考にしてみて下さい。