FXプライムのセミナーや勉強会の口コミや実態を紹介します。

FXプライムはその名のとおりFXに重きを置いている会社です。

証拠金取引やオプション、自動売買のシステムトレードも商品ラインナップにあります。

地味にすごいと思うのが100%スリッページなしと宣言しているところです。

スリッページとは注文をかけた時の値段と実際に約定される値段の差です。

トレーダーからはスリッページのことを『スべる』と表現されます。

スベり対策を忠実にしていることに信頼を置いて口座を開く人もいます。

主にオンラインでセミナーや勉強会を企画しており、月に一回ほどのペースで会場でのセミナーを企画しています。

内容は様々な企画がありバリエーションに富んでいます。

例えば「ひたすらFXに関しての質問を受ける」、「ファンダメンタルズの読み解き方」、「定年後にFXで資産を増やした元教師によるトレード手法」など様々です。

堅苦しいセミナーが嫌いな人にはおすすめです。

オンラインとはいえ定員制になっているので視聴する際は早めに申込みましょう。

私は「ひたすらFXに関しての質問を受ける会」を視聴しました。

講師は高野さんという方で実際に30年間トレードをしておりポジションのつくり方や損切りの判断基準などはとても参考になりました。

移動平均線や一目均衡表を使った取引も学べます。

先物やオプションなど他の取引でも使える情報でした。

 

投資やマネー系のセミナーや勉強会に参加するにあたっての注意事項を記載しておきます。

◆個別ではなくオープンで質疑応答をしてくれるかもポイントです。

個別の質疑応答や相談は半ば商談に近いものがあります。

オープンで質疑応答をしてくれるということは参加者に『もっと知識を得て欲しい』ということの表れです。

一人の質疑応答で情報をシェア出来るので知識を得るには非常に効率が良いです。

何より参加者側にとっても安心が出来ます。

 

◆講師の話している内容が『机上の空論ではないか?』と注意しながら聴いてみるのも良いと思います。

講師が実際に投資や運用をしていない方であれば話が不思議と入ってきません。

ご自身で投資や運用をしている方の話は実践的で実のあるセミナーになることでしょう。

実践されている方の話は体系化されて分かりやすいものになると思います。

また、個人的な見解を話してくれる講師の話は温度感があって非常に面白いです。

質疑の際に聴いてみるのも良いでしょう。

 

◆上から目線の物言いの講師もたまにいます。

これは注意というよりも個人的に受け付けないので参考までに。

本当に実力がある人は自分が上に立たなくても、人を納得させることが出来ます。

上から目線に立とうとしている人は潜在的に『自分のレベルが低いので物言いで上に立たなければ』と考えています。

この発想を抱く時点でセミナーの質が半分以下になると私は感じます。

皆さんはいかがお考えでしょうか。

 

どんな会社でも主催側にとってセミナーとはあくまで『自社や商品を知ってもらうための宣伝の場』です。

しかし宣伝を通り越して『強引なセールスの場』と勘違いしている会社もあります。

強引な会社や悪徳な会社は長続きしませんが、自分がそういう会社の餌食にはなりたくはないものです。

他記事でも注意点を幾つか挙げているので優良な会社かどうかを判断するのに参考にしてみて下さい。