エボリューションジャパン株式会社のセミナーや勉強会の評判と実績を紹介します。

エース交易からH25年にエボリューションジャパン株式会社に会社名を変更した経緯があります。

先物取引業を中心として営業活動をしています。

金などの貴金属の実物も取り扱っています。

東京、大阪、名古屋、福岡、広島、横浜に拠点があり各支店ごとにセミナーも実施しています。

セミナーの数は同業者の中でもそこまで数は多くありません。

年に数回の企画に留まっています。

主に政治経済状況を読み解きながら金の値動きについてチャートを交えながら解説してくれます。

会場では実物の金を置きながら現物も取り扱っています。

webセミナーも並行して配信しています。

無料で誰でも視聴できます。

内容は主にテクニカル分析に関してでチャートの基本からトレンド系の指標などチャート分析講座が充実しています。

テクニカルに関した内容は先物のみならずFXや株式投資にも使えるので聞いてみて損はないと思います。

 

先物取引は証拠金取引でレバレッジを効かせて取引ができます。

保証金としては100万円が下限でハイリスクハイリターンの取引ですので注意が必要です。

余裕資金で遊び程度にやるのが一番良い楽しみ方です。

間違っても先物取引で資産運用などは考えないようにしましょう。

投機と投資は違います。

長期的に着実に資産運用をするのであれば商品の販売を目的としたセミナーや勉強会に参加してはいけません。

 

投資やマネー系のセミナーや勉強会に参加するにあたっての注意事項を記載しておきます。

◆何を言っても『自社の取扱商品は素晴らしい』と着地するのは気になる点だと思います。

アムウェイ会員の方によく見受けれますが『もういいよ』と言いたくなります。

自社の商品に自信があるのは良いことだと思いますが、行き過ぎるとデミリットや注意事項などのアラが見えなくなります。

分かっていても『この金融商品は素晴らしいから大丈夫』という力技で説き伏せる方もいます。

どちらにしても提案される側にとって嬉しいものではありません。

必要以上に『自分の取り扱っている金融商品は良いから』、と聞こえたら注意が必要です。

 

◆会場に入って堅苦しい雰囲気のセミナーはセールスが待ち受けている可能性があります。

堅苦しい雰囲気はスタッフ同士のコミュニケーションが円滑ではないのが原因です。

その理由はスタッフ全員が営業マンだからです。

協力関係というよりもライバル関係です。

営業マンにとってセミナー会場は戦場です。

隙間時間に声をかけた参加者が実際に金融商品を購入すれば営業マンの結果になります。

隙間時間が営業マンにとっての勝負の場ですので、備えて雰囲気が強ばります。

『会場の雰囲気が堅苦しいな』と感じるようであればその後のセールスに注意しましょう。

 

◆上から目線の物言いの講師もたまにいます。

これは注意というよりも個人的に受け付けないので参考までに。

本当に実力がある人は自分が上に立たなくても、人を納得させることが出来ます。

上から目線に立とうとしている人は潜在的に『自分のレベルが低いので物言いで上に立たなければ』と考えています。

この発想を抱く時点でセミナーの質が半分以下になると私は感じます。

皆さんはいかがお考えでしょうか。

 

どんな会社でも主催側にとってセミナーとはあくまで『自社や商品を知ってもらうための宣伝の場』です。

しかし宣伝を通り越して『強引なセールスの場』と勘違いしている会社もあります。

強引な会社や悪徳な会社は長続きしませんが、自分がそういう会社の餌食にはなりたくはないものです。

他記事でも注意点を幾つか挙げているので優良な会社かどうかを判断するのに参考にしてみて下さい。